舞台版「さよなら鹿ハウス」DVD
5c0d2ee17cd361540628d39b

舞台版「さよなら鹿ハウス」DVD

¥4,300 税込

送料についてはこちら

丸尾丸一郎の小説デビュー作を、自身の手で舞台化! 自身の原点である、忘れられない放熱の2年間を描いた七転八倒の上京物語。 誰の心にもある鹿ハウスが疼きだします! ※鬼の座長編、鋼の座長編 両verを収録 ※2019年3月末発送予定 OFFICE SHIKA PRODUCE 舞台版「さよなら鹿ハウス」 (劇作家協会プログラム 秋の劇場18 / 平成30年度文化庁芸術祭参加公演) 作/演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) 出演/渡部豪太、浅野康之、椙山さと美、鷺沼恵美子 ほか ■あらすじ つまずきだらけの「劇団鹿」7人は、旗揚げした関西に逆ギレをかまし、オンボロのハイエース1台で上京。 角田角一郎、オレノハーモニー、ジョン・J・ウルフ、渡辺ダガヤ、山本サトル、入交ヨシキ、そして鹿の子チョビン。 ドMの男6人とドSの女1人のヒエラルキー集団は、東京北西端の地・東久留米に家賃13万円の城「鹿ハウス」を かまえ共同生活を始める。バイトを禁じ、関係者との恋愛を禁じ、ただひたすらに「伝説になる」ための研鑽を誓った 約束の2年間。伝説になりたくて、がむしゃらに心と身体を燃やすしかなかった、7人が確かに生きていたんだ−––。 特設サイト http://shika564.com/sayonara